花が暖かい太陽の光を切望するように、私たちの魂はイエスの愛情深い存在を切望しています。

しかし、花とは異なり、絶望の曇りの日でも息子を見つけることができます。

黙示録21:23
神の栄光がそれを照らし、子羊がその光であるため、都市はそれを照らすために太陽や月を必要としません。

詩篇84:11
太陽と盾は主なる神です。恵みと栄光が主に与えます。誠実に歩む人々を否定するものは何もありません。

イザヤ60:20
二度とあなたの太陽が沈むことも、あなたの月が衰えることもありません。あなたは永遠の光のために主を持ち、あなたの嘆きの日々は終わります。

黙示録22:5
そして、もはや夜はなく、主なる神が彼らを照らし、彼らは永遠に君臨するので、彼らはランプの光や太陽の光を必要としません。