裁判官は囚人を刑務所から解放しようとしていたので、彼は一人ずつパスを作りました
誰が釈放されるに値するかを見るために彼との「インタビュー」。最初に理由を尋ねるとき
これは言った:

-「私は中傷され、誤って非難されたのでここにいます」

彼は2番目を呼び出し、彼は答えました:

-「私は盗んだと言われているのでここにいますが、それは嘘です」

このようにして、すべての囚人は通りかかって無実であると宣言しました。それが来るまで
最後に言った人:

-「私は男を殺したのでここにいます。彼は私の家族を傷つけ、私はコントロールを失いました、そしてそれが私が彼を殺した理由です。
でも今日は自分のやったことが間違っていたことに気づき、大変申し訳ありません」

裁判官は立ち上がって言った:

-私はこの最後の囚人を解放するつもりです。

誰もが当惑して言った。しかし、なぜあなたは彼を解放するつもりですか?

裁判官は答えた:

-罰は自分の過ちを隠す者のためのものです。慈悲
彼らは自分たちの過ちを認めて悔い改めます。

箴言28:13「自分の罪を隠す者は繁栄しません。しかし、告白する者は
彼は撤退し、憐れみを見いだすでしょう。」